K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海軍士官一種軍装用ベスト

さて、お待たせしました!
今回紹介するのは、MA作戦で完成した士官一種軍装時に着用するベストです。
といっても、士官は格被服をオーダーするので、これはとある特務大尉が作らせたものとお考えください。
海軍において、ベスト(胴衣)は、存在したらしく、4つのベークライト製?のボタンのついた羅紗生地の
ベストを見かけることがあります。また、正装時には、小さい士官ボタンを使用した胴衣が使われています。
今回の胴衣は、その羅紗製の胴衣のボタンを、小士官ボタンにし、数を4→5つに変更しました。
ここは、士官の洒落っ気ですww

写真が、そのベストです。
基本的に、夏の二種タイプと構造は変わりません。
ただ、一種用なので素材は紺羅紗です。
ボタンは、小士官ボタン。
ポケットは、正面に一つです。
生地は厚くないですが、羅紗ですので、暖かいです!^^
一種チョッキ
背面です。
こちらも、ベルトのついたタイプとなっています。
これは、正装時の胴衣に近いのかもしれません。
脇の部分や中心にチャコペン跡がありますが、使っていると直ぐに取れるので安心です♪
一種チョッキ2
内部です。
今回の目玉?は、この裏地です。
K.K.MFG.CO.は、今まで裏地を作ったことがありませんでした。
夏のベストは、涼しさを追及する為に、裏地なしだったので・・・
ですので、今回が初の試みです。
なかなか難しいと思われましたが、入念な計画と裁縫技術の向上?により、なんとかできました^^
素材は、コットンサテンで、高級感を出しているつもりですww
(化繊のような安っぽい色合いではないですよ♪)
一種チョッキ3
さて、以上が今まで製作してきた一種用のベストです。
ベストを作るのはこれで三回目ですが、ようやく慣れてきました。
作っていて、これに、袖、襟、カフスのつく制服は、まだまだ作れないなと感じました。
ここまでは、独学でもたどり着けましたが、この先はそれこそ、入念な計算と高い技術による
洋裁が必要です。。。
そうなると、習いに行くしかないですね・・・
でも、洋裁教室に男子なんているんでしょうか・・・女子高生がいたら嬉しいですねww。。。

多少話がそれましたが、この胴衣、自分の一種軍衣袴とあいました!!
ですので、この冬は是非着てみようと思います♪
一種だけでも暖かいのですが、ベストに、外套、はたまた防寒帽。。。(これは後日でしたね^^)
もう冬が楽しみで仕方ありません!!
でも、その前に受験・・・先は長そうです・・・

以上、長期間の戦いでありましたが、我が軍はMA作戦を完遂しました!!
スポンサーサイト
  1. 2011/09/23(金) 00:36:39|
  2. 海軍さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海軍少尉肩章

そういえば、紹介していませんでしたので、ちょろっと書きますね♪

今回紹介するのは、帝國海軍の少尉肩章です。昭和17年に改正されて小さくなりますが
これは、それ以前の大型です。
肩章は、夏の二種軍衣に着用するので、夏肩章とも呼ばれていたようですが
最近入手した外套にもつけますので、夏だけではありませんw
自分は、最初真っ白の二種に、この目立つ肩章をつけた姿が好きでしたが
最近は、袖章と、襟章で落ち着いた一種も好きです^^三種は・・・金なし。。。

さて、写真です。
この肩章は、二種のセットを購入したときについていたもので、中田製ではないようです。
生地は、実物の黒羅紗に対し、フェルト製(中田もですね^^)で、金線は、味のある良い色です。
ただ、もっと時間が経つとより良い感じになるかなw
少尉ですので、桜章は一個です。中田のものと比べ厚みがあるようです。
肩章
裏側です。ココが中田と違うポイントですね!
中田は、黒の紙?を貼って、クリップ式ですが、こちらは革製となっています。(実物どおりです。)
端も、一針一針縫ってあります!時間がかかりますね><!
肩章2
以上が自分の所有している肩章ですが、恐らくアルファウェーブ製かなと思います。
しかし、ここで問題が。。。
そう、自分は夏は特務少尉、冬は特務大尉の階級なんです。
ですので、夏用と冬用で二種類の肩章を用意しなければならないという悲劇・・・
しかも、特務士官肩章は特注なんですって!。。。
今年は夏までに特務少尉肩章を導入する予定でしたが、陸戦キャンペーン等で
予算がなくなってしまったので、とりあえず、冬の外套用に特務大尉肩章から入手しましょうかね^^

あ、、、この肩章の使い道がわからなくなってきた。。。
  1. 2011/09/20(火) 22:36:06|
  2. 海軍さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

海軍雑嚢

昨日の夜から秋というより寒いです。。。
何でこうも気温が変わるんでしょうね?
あぁ冬が恋しいw

さて、本日ご紹介するのは、海軍雑嚢の複製品です!
この雑嚢は、しらもつ様に譲っていただきました!
この場を借りてお礼申し上げます!!^^

写真が、今回入手した海軍雑嚢です。
形的には陸さんの雑嚢と似ていますが、細部を見ていくと違う部分が多々あります。
生地には、厚い麻製の帆布を使っていて、だいぶ硬い印象です。
写真では、雑嚢の吊り具が隠れていますが、陸さん同様にあります。
海軍雑嚢
背面です。
このように、陸さんとは反対向きですが吊り具があります。
(資料によると、陸さんの物でもこの向きがあったそうな。。。)
肩紐の色は陸さんと同じです。
海軍雑嚢2
蓋を開けるとこんな感じです!
陸さんと全然違いますね!
ただ、陸さんの旧型雑嚢でもこの金具式はあったようです。
音がする、壊れやすいなどの理由で使われなくなったそうですが、海軍では現役?w
中田の刻印もあります。
海軍雑嚢3
これがその金具です。
赤茶色?に塗装されています。正直、陸さんの紐式の方が使い易いです。。。海軍さんでもあったのでしょうか?
海軍雑嚢7
そして、これも特徴です。
内容量に応じて収納部の口の広さを調節できるようフックと環がついています。
海軍雑嚢4
引っ掛けてみたところです。
以前ヤフオクに出ていた雑嚢にもこのフックがありました!陸さんにもあるのかな?
海軍雑嚢5
収納部です。
内部は陸さん同様二部屋に仕切られています。
下は、金具のリベットで、あて布が貼られています。
海軍雑嚢6
最後に、陸軍雑嚢(上)と海軍雑嚢(下)の比較です。
まず、、、大きさがだいぶ違いますね!
海軍の方が小型です。
色は、陸海それぞれの色ですね^^
海軍雑嚢8
さて、こうして雑嚢も手に入りました!一時は陸さんのものを代用しようか悩んでいたのですが
しらもつ様のお陰で解決できました!本当にありがとうございます^^
この生地、色を参考に、いずれ自家製海軍雑嚢を作ってみたいですねw
でも、とりあえずは、この子に活躍してもらいます♪
  1. 2011/09/06(火) 22:18:55|
  2. 海軍さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海軍帽垂

今日ご紹介するのは、先日の合同作戦で着用した海軍の帽垂です。
以前に陸軍版は作っていたのですが、海軍でも必要になったので
生地を調達して製作しました!

写真が、その帽垂です!
陸軍の時と違い、濃緑色の生地を使用しています。
色は、実物の写真をネットで探して合うものを選びました。
素材は、海軍ということで、麻100%にして見ました!
実物は、麻や綿、さまざまあったと思いますが、海軍=麻の自分にはちょうどいいですww
写真は、一度手もみで洗濯したので、よれっとしていますねw
垂
裏です。
フックや穴等は陸軍版と同じです。
なんか使い込まれた?感じになっていますねww
垂2
海軍兵用三種略帽に取り付けるとこんな感じです。
普通、略帽を先に紹介すべきですよね(笑)まあ、突っ込まないでww
垂3
以上が、海軍帽垂でした~^^
(麻版の帽垂が欲しい方は、陸軍版と同様にコメントしてください♪)

  1. 2011/09/03(土) 23:41:00|
  2. 海軍さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海軍鉄兜

今日は、野分の風が凄いですね><!
ひょろっとした自分は飛んでいってしまいそうですww

さて、今日は以前に手に入れた九〇式型の鉄兜を改良しました!
というのも、ここのところ海軍野戦装備が整いつつある?ので
せっかく買った鉄帽も実戦配備が出来るように調整していました!

改良点は、以下の三つです。
①ライナーを鉄兜本体に装着する。
②海軍と示すための帽章を付ける。
③あご紐を付ける。
さて、この問題を全て解決するのは簡単です。
帽章と割りピンは、複製でていますし、あご紐もクォリティの高そうな複製が
オクで出ています。
これを全て揃えるには、ザッと3000円ほどでしょうか?
ハハ安い安い!!・・・なんて言ってられるはずもなく。。。
放置されていたのでしたww
しかし、今こそ解決せねば!!
そこで、夏休み明けの男が立ち上がりました♪

まず、①については、大きさが同じようで正直形もあまり変わらない
リベットで固定することにしました。
もちろん、余裕が出来れば割りピンを購入して付け直す予定です。
次に②については、金属帽章ではなくペンキによるステンシルタイプがあるようなので
そちらを再現することにしました。

そして、出来上がった海軍鉄兜。。。
黄色のペンキで描かれた錨がいい味?出していますww
ちなみに、こちらに本物が載っていました。実物はステンシルタイプが多いようですね!
そこそこに再現は出来たかと。
ステンシル
③のあご紐についてですが、こちらも当然現在買う予算がなく
使えそうな色の布で紐を作りました。あくまで繋ぎですwww
あと、ちょうど帽章を塗るためにプラカラーを出したので、ついでに白で
大号の「大」を書いてみましたww
う~ん、まあ満足かなww
ステンシル2
さて、こうして頭は、鉄兜、略帽、帽垂と整いました!^^
装備類は全然整っていないので、地道に集めます。。。w
  1. 2011/09/02(金) 23:24:06|
  2. 海軍さん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。