K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下士官/兵用制帽 (戦前型)

さて、今回も米軍関連です。

今回、戦時国債を発行して、米軍の大戦タイプのEM用制帽を入手しました。
制帽は、以前より入手したかったのですが、国内の価格が高い、流通数が少ないなどの問題から入手できずにいました。
ギャリソンキャップについても、なかなか予算が回せず、つい先日入手しました。

しかし、問題があるわけで、略装の場合にギャリソンキャップは合いますが、制服やコートを着込んだときに
頭がギャリソンだと、物足りなく見えます。
なので、米軍制服で出撃することはできていませんでした。。。
そんななか、サイズや状態の良さそうなものを見つけたので、入手しました。
価格もそこそこの物でした^^

ですので、今回はそれを紹介します♪

そもそも、米軍における制帽の使用条件は、国内に限られています。
WW2で、世界各地に遠征したGIたちには、ギャリソンキャップが支給されています。
(ギャリソンキャップは、「overseas cap」と呼ばれており、訳すと外地用制帽になります。)
将校は、遠征先でも制帽を着用していますが、GIたちは、上記の理由と使い勝手の良さから
ギャリソンを愛用しました!
(背景には、戦時動員海外派遣のため、膨大な兵員を抱えることになり、今までどおりの制帽は
コストや生産性に不向きであることが考えられます。)
つまり、遠征先の日本では、ほぼすべてのGIがギャリソンを着用しているので
国内市場の流通数は少ないわけです。
また、制帽には、それ専門のマニアさんがいます。クラッシュタイプや、微妙な違いを国ごとに
コレクションされているのです。なので、安値で入手というのは難しいところです。
やはり、米国に直接買い付けに行きたい^^

さて、前置きが長くなりましたが、紹介です。
写真が、今回入手した制帽です。
生地はODウール、バイザーはあご紐は茶色です。(ラセットブラウン?)
形は、クラッシュタイプではなく通常の芯の入ったタイプです。(個人的にはこの方が好きwクラッシュも欲しいがw)
そして、面白いことに帽章が黒染めのタイプです。
通常、大戦時の帽章は金色なのですが、これは黒です。
確か、戦前や古いタイプの制帽が黒染め帽章を使っていたので、結構古いものと考えられます。
(戦前からの古参兵設定ですね^^)
EM制帽
角度を変えて。
制帽本体には、横部分に通気ハトメが二個ずつ計四個あります。
また、バイザーは日本の兵用四五式軍帽の様にきりっぱなし出は無く、縁がついています。
(四五式も好きですが^^)
EM制帽2
上から見たところです。
制帽というと、ついドイツのシャープなものを思い浮かべてしまいますが、米軍は円形ですw
デザイン面では、ドイツ軍には敵いませんね^^
EM制帽9
内部です。
頭の頂点が当たるところには、セルロイド?製のフィルムが縫い付けられています。
よく、汗染み等の内装を見ますが、これは綺麗です。
汗革は、茶色の本革です。
汗革を縫い付けてある糸ですが、先に書いた通り、結構古いものですので、劣化していました。。。
なので、縫いなおしてあります。
他にも、糸が劣化しているところを見つけたら修理しておきます^^
EM制帽4
汗革内部にはE7968というスタンプが!管理番号でしょうか?
そういえば、タグや他の刻印が無いので、PX品とかがあったりして^^
EM制帽5
これは、制帽内部の芯の部分です。
このアルミ?ステンレス?製の丸い芯が入っています。
クラッシャーにするには、一部を切断して取り出すしかないですね。。。やら無いけど^^
EM制帽6
生地です。
買うまでは、制帽も制服と同じでサージ生地だと思っていたのですが、これはウールの厚い生地を使用しています。
(フェルト?羅紗?)
たぶん古いタイプだからだと思われます。戦時中は資料が無いのでわかりません・・・
EM制帽7
顎紐のボタンです。
ちょっと紋章の出が甘い気がします。そして、こちらも金色ではなく渋いですw(単にくすんだのかもw)
また、顎紐は見ての通り合皮を使っています。ただ、今の質のいい合皮ではなく、大昔の
合皮、人造皮革なので、今は硬いです・・・いずれ、ここだけ複製に変えようかな?
EM制帽8
最後に手持ちの兵用帽章との比較です。
以前に古着屋さんにて兵用帽章を入手していました!
金色で、裏はスクリューバッグです。たぶん大戦型?
ご覧のように、両者は色合いがまったく違いますね^^
最初は、金色帽章に変えようかと思ったのですが、とりあえず古参兵で行きます!
(ちょうど制服の年功章も戦前からの設定なので♪)
EM制帽10
さて、以上が今回入手した米軍EM用制帽でした!!
昨日制服、コートと合わせてみたところ、グッドでしたww
この冬は米軍も増強していきますね♪
スポンサーサイト
  1. 2011/09/30(金) 22:42:33|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。