K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M1934 ウールトラウザーズ(その2)

こんばんは。

今日もトラウザーズの紹介です。
(いい加減トラウザーズ飽きてきますよね・・・そろそろトラウザーズ祭りを一次中断して
別のアイテムを紹介した方がいいんでしょうか。。。)

とまあ色々考えてしまうのですが、本日もM1934トラウザーズでいきま~す!!


先日我がブログでは初紹介だった戦前のM1934トラウザーズですが、時期によってもバリエーションが
あるようです。
それでは見ていきましょう♪

これが、そのM1934トラウザーズです。
前回との違いは、色です。
前回がダークシェードのODであったのに対し、こちらはライトシェードのODに近い
明るいカーキ色となっています。
緑
本体左側面です。

ボタンや蓋のないスラッシュポケットです。

緑2
こちらも全てスラッシュポケットで、特に違いはありません。
生地は厚い20オンスのウールが使われています。
緑3
M1934~M1937(20オンスタイプ)までの特徴であるサイズタグを縫い付けていたステッチです。

ヒップポケット上の二本線(=)です。
残念ながらタグは欠損しています。
このタイプのトラウザーズはこれ以外にサイズ表示がないので、実寸以外はわかりません。
緑4
正面合わせです。
ボタンフライで戦前の赤いボタンが使われています。

もちろんガスフラップはありません。
緑5
ボタンのアップです。
今回は、左からM1934(1936年製)、M1934(1935年製"今回")、M1937(1942年以後製)を並べてみました。

全てボタンの間隔が違いますね。
一応同じM1937の同じサイズのトラウザーズで調べたところ、それでも間隔が微妙に違いました。
いったいどういうことなのでしょうね・・・

ですが、M1937と比べてM1934の方が間隔が狭いようです。
緑7
ボタンホール側です。
ガスフラップもなく、普通です。
一部補修跡がありますが、うまく誤魔化せているかな??^^
緑8

背面です。
ベルトループは七本で、同じ生地で作られています。
18オンスと比べて重たい20オンスの生地を使っているのに、ベルトループが細身なので
ちょっと心配です。
後の22オンスのM1944トラウザーズでは幅広のループに変更されています。
(ですが1820オンスタイプはM1944でも変わらず細いループです。)
緑12
内側です。
内装はコットンの白生地を使用しています。
落書きアリですねw
緑9
いつものスタンプです。
P9637と黒色スタンプで押されています。
今回はこの一箇所のみです。
緑10
QMタグです。
しっかりと内容の書かれた40年代に近いタイプです。
しかしサイズ表記はありません。(なぜ載せん・・・)

1934年1/19採用、1935年1/16生産です。
前回の製品より前のものですね。

ニュージャージー州の工場で作られたようです。
いつものタグと違いフィラデルフィアとフルで書いてありますね!
インスペクターの文字のしたにも、いつもは無い文章が書かれています。
緑11
生地&色の比較です。
左がM1937ライトシェード(18オンス)、中が今回のM1934ライトシェード?、右がM1934ダークシェード?です。
M1934の色については、便宜上ライトシェードとか書いていますが、タグや本体にはそのように
書かれていません。

このように、今回のM1934は割と緑と黄色が強めの明るいODであることがわかります。
緑13
この明るい20オンスウール生地を使用した被服があったな~と考えていたら思い出しました!

それが前に紹介したM1926制服です。
この制服には同色のM1926ブリーチェズが付属していましたが、今回のM1934トラウザーズも
ほぼ同色でした!!

となると、この制服も35年製?と考えたのですが、33年製のM1926制服が18オンス生地でダークシェードな
ことと、裏地が他の30年代の製品と比べて凄く厚い事から、20年代の生産品だと思います。

おそらくは35年~36年のあいだに色の変更などがあったのだと思います。(たぶんw)

緑14
こちらは上の制服とセットのM1926ブリーチェズの内装と今回のM1934トラウザーズの内装です。
左がM1926、右がM1934です。

このように、内張りの生地の厚さが違います。
M1926ブリーチェズの方が厚いです。
しかし、1930年代のブリーチェズは通常の生地を内装に使っているので、これは
それ以前のモノのようです。

豊かな良き20年代ですな~^^
緑16
最後はM1934(36年製ダークシェード)とのツーショットです。
両者の色の違いがよくわかりますね!
緑17
以上がM1934トラウザーズでした!!

次回はどうしよう・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/10/28(日) 23:08:11|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。