K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M1944 ウール・サージ・フィールド・トラウザーズ(20オンスタイプ)

こんばんは。

今日も、昨日と同じですが、M1944トラウザーズを紹介しようと思います。

ですが、同じもの(生地や細部的な意味で)ではありませんのでお付き合いください。

タイトルに20オンスとあるので、「は?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、今回紹介する
M1944トラウザーズは、通常の18オンスサージ生地で作られておりません。
生地は、起毛された厚いウール地で、戦前の20オンス生地とそっくりなので、とりあえず「20オンス」と
させていただきます。


そして、物語は、ある日自分がヤフオクで買ったウールトラウザーズから始まるのです。

このM1937の記事でも書きましたが、それまで18オンスのウールトラウザーズしか見たことがなかった
自分の前に現れた、そのトラウザーズは、モコモコしたブランケットのような生地で出来ていました。

早速タグを調べましたが、米軍タイプのタグという事は確認できましたが、内容は薄れて読めず、
当時の自分には謎のトラウザーズとなってしまいました。

それからしばらく?して、雑誌を読んでいた自分は、そこで解説されていた情報からM1944トラウザーズには
通常用の18オンスと極寒地用の22オンスが存在することを知り、謎のトラウザーズが22オンスタイプだと思い込み
当時はそのような扱いをしていました。

さらにしばらくして自分の海外進出が進む中、同じモコモコ生地のM1944トラウザーズを発見し早速購入しました。
しかし、届いたトラウザーズのタグを見て仰天!18オンスと書かれていたのです。。。
その後もモコモコタイプを買いましたが、タグはすべて18オンスでした。

また、22オンスのトラウザーズも購入しましたが、生地が違いました。
雑誌の情報では二種類しかないはずのM1944トラウザーズですが、三種のバリエーションがある。
(正確には生地質のバリエーションは4種確認しています。)
しかも、生地質が違うのにタグはともに18オンス・・・


こうして更に訳がわからなくなったのです。
まあですが、このモコモコトラウザーズが自分に与えた衝撃?(モコモコショック?w)は大きく、それを気に
戦前のトラウザーズ収集が進むなど色々な影響を与えてくれました。


そんな思い出深いトラウザーズですが、以下で写真を交えながら生地質やタグ等を見ていきましょう!
※ちなみに、このように思い出話を書いた場合、その最初のモコモコ君に登場してもらえばよかったのですが、
タグがない事と、どっかに埋まっているので短時間で探せませんでした、、、
今度、特別枠で紹介しましょうかね(笑)


さて、長くなりましたが、これがその起毛生地(モコモコ)のM1944トラウザーズです。
形状は、戦争後期のゆったりした物で、生地は起毛されたウール生地(20オンスだと思われます。)、
色は、ダークシェードOD(OD33)です。
モコ
本体左側面です。

腰ポケットは縦直線のスラッシュタイプで、M1937と同じ作りです。
ただ、ヒップポケットにボタンとボタンホールがあり、M1944規格になっています。

ボタンは、戦争後期から戦後にかけて使用されるダークブラウンのプラ製です。
モコ2
本体右側面です。

腰、ヒップ共にスラッシュタイプでM1937と変わりありません。

ただ、ウエスト部分の裁断が、M1944からのタイプになっており、フォブポケットの位置などから
判別は容易です。

フォブポケットは写真の一番右のベルトループの左になります。
モコ3
背面です。

このように、ポケットにボタンがつくため、M1937とは違った印象です。
モコ8
正面です。

このトラウザーズはエラー品のようで、写真のように、前面のベルトループがひとつ多く付いています。
その為、合計8本のベルトループになっています。

ちなみに、他の同じ起毛生地のM1944を何着も見ましたが、ベルトループの合計は7本でした。

モコ5
開くとこんな感じです。

ガスフラップは共生地タイプですが、少し色が違いますね!

また、ウエストの裁断のため、いつもと違った印象です。

ボタンは上記と同じ物です。
モコ4
一応エラーベルトループのアップと、ウエストの裁断です。
裁断は、ウエストで生地を繋ぎ合わせる物で、M1944の規格の一つです。

M1944は、メーカーを混乱させない事を優先し、細部の作りを厳格に統一しなかったようで、ポケットや
各部の裁断にバリエーションがあります。

ベルトループは両方とも同じ糸を使っており、後付けはないと思われます。
モコ6
内装です。

コットン白生地で、サスペンダー用のボタンが6つついています。
7つ目も見えますが、それはガスフラップ固定用です。

ちなみに、先程のモコモコショックを引き起こしたトラウザーズを、タグが読めないのにM1944と断定した
理由は、このサスペンダー用ボタンがあったこと、ボタンが戦争後期のダークブラウンプラボタンだったこと、
腰ポケットがスラントポケットでヒップポケットにフラップ&ボタンがあったからです。
モコ7
サイズタグです。

まさかの横向きです。
いつもは縦向きなんだけどな~・・・これもエラー???

内装の縫い付け方も「^^^^^」このようになった、ちょくちょく見られるパターンです。
モコ9
背面合わせは、このようにV字の切れ込みなるパターンです。

この裁断は、V字切れ込みのようですね!

V字のため、ここのベルトループは、上部縫い付け部を少し下にずらしています。
ですが、本体も少し長めに作ってあるので最終的な長さは他と変わりません。
(写真では、V字が見えやすいように自分がループを下に下げています。)
モコ10
QMタグです。これも多分エラーです。。。

正式名は「Trousers,Wool,Serge,O.D. Special, Light Shade」。
ストックナンバーは、「55-T-35031-31」でサイズは31×31です。
製造日は、1945年の1/8です。

スペックナンバーは353Aです。

まず、ダークシェードのなのに、正式名称にライトシェードと書いてあります。
どちらかというとこのM1944貼りたくなる名称ですね。
しかし、上で散々18オンスと書いたのに、この起毛タイプはタグがエラーのため18オンスと表記されておらず。。
なんかすいません。。。近いうちに18オンスの表記がある起毛生地タイプを再度記事にします。

1944年11/21日に353Bのスペックが採用されますが、このタグによると少なくとも353Aは1945年1/8まで
製造されていたことになりますね。
他にもスペック353Aは山ほど?ありますので、探せばもっと後の製造日見付かるかもしれませんが、
それは、また今度です。。。(だって。。。探すだけで腰が痛くなるもん。。。)

モコ11
はいでは、他のトラウザーズと比べてみましょう!

これは、ライトシェードM1937(左)と今回の自称ライトシェードM1944トラウザーズの比較です。

このとおり嘘は明白です。
ダークシェードですね。。。ベルトループにサイズタグにQMタグと。。。
ここまでエラー続きって、メーカーやる気あるのか!!!!!w

軍が恐れた?メーカの混乱はこんな感じなのかな?w
モコ16
これは、ダークシェードのM1944トラウザーズの比較です。
(左)は、通常の18オンス生地。(右)は今回の18オンス(20オンスと思われる)起毛生地です。
起毛の有無の関係や染めた工場、時期の関係で色が異なってみえますが、ダークシェードです。

そして、両者はサイズ、実寸共に同じ物を用意しています。
もちろん、使用による縮み等ありますが、両者の重量を量ってみると、通常の18オンスは「867g」、
起毛生地の方は「922g」と55g違います。

55gと書くと小さな違いに見えますが、全体重量から見るとなかなかの違いです。
特に、両者が同じ重さの生地を使っていないのは明白です。

ちなみに、56.7gが2オンスです。
もちろん、生地の重量は1平方メートルの重さを表しているのですが、やはり同じ18オンスでは無いと思います。
モコ12
起毛生地のアップです。

このように、モコモコしており、戦前のM1934トラウザーズ等の20オンスウールと同じです。

モコ13
最後は、四種のトラウザーズの生地質、色長の比較です。
左からM1944(18オンス)、M1937(20オンス)、M1944(18オンス起毛生地)、M1937(18オンス)です。

このように、生地的には、18オンスではなく20オンスだと思われます。

しかし、米軍のタグは、すべて18オンスでした。
う~ん。。。。一体どゆこと????
モコ14
以上が、M1944トラウザーズ起毛生地タイプですが、どうでしたでしょうか?

重量を比べる上で、通常のM1944(18オンス)と同サイズの起毛生地タイプがこのエラー品しかなく、
しかたなく?エラー品をトップバッターに持ってきましたが、まだまだ後続の起毛生地タイプは10本以上
控えております。

今後もゆっくりとですがアップしていきますので、気長にお付き合い頂けますと幸いです♪
スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 22:46:53|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。