FC2ブログ

K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ズボンの修理 ~サイズ&各部お直し編~

こんばんは。

今日は、いつもの紹介記事ではなくズボンの修理を記事にしたいと思います。

以前の修理は主にサイズ直しでしたが、今回は、各部の修理もあります。




これが、そのトラウザーズです。形式はM1944ウールトラウザーズで、生地は今まで紹介していない
起毛タイプで、色も違ったものです。(これは、そのうち紹介します。)

写真は到着したてなので、修理もしておらず、シワがありクタクタです。
修理
さて、そのトラウザーズですが、先日ヤフオクで発見して購入しました。
eBayから撤退した自分は、ヤフオクでも入札金額制限がかけられており、「安く、軍モノを!」という
テーマでの物資獲得に乗り出しました。

そんな中で、ヤフオクの海を捜索していると、沢山のM1951ウールトラウザーズに混じって
いる怪しげなトラウザーズを発見しました。

それが、こんな感じです。
一見、ジッパータイプのM1951トラウザーズに見えるのですが、んんん???

ジッパーの右側に生地が切り取られた跡がある!
ということで、ページにアクセスして詳しく見てみると、戦後のOD(OGと書くべきか?)に近い
緑の強いODのM1944ウールトラウザーズだったのです。

ご覧のように、正面は、戦後に軍か民間のどちらかで、ジッパー付きのトラウザーズに改造されて
しまったようです。

ガスフラップは、無理やり切り取られています。(やり方がひどすぎですよねw)

まあ、このような状態なので、どうしようか迷ったのですが、値段も安かったので、久々に
修理をする楽しみを味わおう!!と思い購入しましたww
修理2
ジッパーです。

通常のボタンフライのM1944のボタンを取り去り、糸を解いて、ジッパーを縫い付けています。
会社はROBIN社でした。

確かにジッパーは便利ですが、自分はボタン派です><!!
修理3
ガスフラップです。

改造主には邪魔だったようで、ガスフラップ上部は残して、下は残酷に切り取られています。


しかも、切りっぱなしで適当さがにじみでていますww
修理4
これは、ボタンホール側です。

通常のズボンですと、ここにボタンホールが作られた布が縫い付けられているのですが、
ジッパー化の為、剥がされています。

購入時は、このボタンホールの布まで剥がされているとは思っておらず、仕事が増えましたw
修理8
これは、内側後部の縫い合わせ部分です。

改造主はサイズも大きくしたかったようで、縫い代を限界まで使ってウエストを大きくしています。

この改造は、多くのトラウザーズに見られるので、修理も慣れていますw
修理5
裾です。

裾は、ご覧のように、上げたあとにミシンで縫っているため、ステッチが見えています。
みっともないですね。

その他、擦り切れもあったので、修理していきます。
修理6
股下です。

8ミリぐらいの穴があいており、糸で補強してありました。
着用すると見にくくなる股下ですが、せっかくなのでここも修理していきます!!

以上が今回のトラウザーズの要修理箇所です。結構多いですね。。。
ウエストサイズは直すのが楽なのですが、前面の改造は厄介です。

その他、写真にはありませんが、背面のベルトループが一本破損していました。
また、内部サスペンダー用ボタンと、正面のボタン、ヒップポケットのボタンも欠損&別物が
付いていたので、実物に交換していきます><!
修理7

はい!ということで、こちらが修理が完了したトラウザーズです!!
。。。。すいません。今回は細部の修理途中画像がありません。
(テストから解放されて舞い上がっていたので、写真撮り忘れました・・・)

アイロンをかけたので、最初の写真よりはピシッと?していると思います。

それでは、各部も見ていきましょう!
修理10
これは、正面のガスフラップ部分です。

このように、切りっぱなしの曲線をL字型にしてスッキリさせました。
(本当はガスフラップも再生したかったのですが、予備の生地の関係で厳しかったです。)
また、縁は折り込んで縫っているので解れたりしません。

ジッパーも取り外して、ボタンを取り付けました!

と、ここまで書けば簡単ですが、ジッパーを取り外すだけで、相当な箇所の糸を解かなければ
いけなかったりと結構大変でした。
修理105
これは、ボタンホール側です。
先ほど書いたように、ジッパー化する上で、ボタンホールの布を取り払っていたため、
今回新規に製作しました。

材料は、先日のゲートルの時に入手した米軍の毛布生地です。
ボタンホールも家庭用ミシンで再現しました。(形は違いますが・・・)

これで、ボタンでの開閉が可能なりました><!!
修理11
内装です。

6つのサスペンダー用ボタンも全て取り付けて、修理完了です!

だんだんらしくなってきたかな??
修理13
ウエストも、解いた後に縫い直して、縫い代に余裕のある元の作りに戻しました!

ちなみに、自分サイズに合わせたため、タグにあるサイズよりすこしウエストが細いです。
修理12
ベルトループです。

このトラウザーズでは、背面の一箇所のみ新規に作成して取り替えました!

生地は、裾を直した際に出た本体と同じ生地を使用しています。

見えませんが、ループ内側のジグザグ解れ補強もやってあります><!
修理14
上であった穴の部分です。

糸をほどいて、穴の裏から補強布を貼り付け、穴と同じ形に切った同生地を貼り付けています。

先程の糸補強よりは目立たなくなったかな??
股下なので、着装すると見えないのが救いです^^

修理9
ヒップポケットです。

ここもボタンを正規品に交換して完了です!!
修理17
裾です。

みっともないステッチは全てほどいて、擦り切れ部分には裏から補強布を貼り付け、少し裾を上げて
仕上げました。
修理16
最後に完成したトラウザーズの写真です。

このトラウザーズは、改造の過程で渡り幅を少し詰めたりしていたようです。
これも直そうと思ったのですが、何故か縫い代が切り取られていたので、完全な元の状態には
戻せませんでした。

ですが、戦前のトラウザーズほどスリムではないので、野戦での使用もOKかな??w
でも、当分はクロゼットで眠ることになると思います。。。ww
修理15
以上、結構な修理でしたが、なんとか直すことができました!!!
テスト終わりのハイな力をフル活用したので、サクサク進みましたww

デッドストックの綺麗なアイテムも嬉しいですが、自分で一生懸命直したアイテムも愛着がわき
考えに考えて修理するのも結構楽しいですよ♪

これからも、チョイチョイ難アリ品を買って直してみようと思いま~す!!^^
スポンサーサイト
  1. 2013/02/14(木) 01:03:19|
  2. K.K.MFG.CO製品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あったかゴロゴロww | ホーム | 米軍 ゲートル(Puttees)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://remagen966.blog137.fc2.com/tb.php/643-d9fa89d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。