FC2ブログ

K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M1940 騎兵ブーツ

皆さんこんばんは!
先日の記事で、ビッグなアイテムを入手したと書きましたが、今回紹介するM1940騎兵ブーツが
それです!!

本当は、順番的に別のアイテムを紹介してから、こいつの記事を書きたかったのですが、別の方は
ちょっと時間がかかっておりまして、M1940から紹介することにいたしました。

先日、「M1948コンバットブーツが欲しい!!」と言っていた自分ですが、ヤフオクでなかなか良いものが
無く、また昔のようにeBayでサクっと購入も出来ないので、近場の古着屋さんを巡って見ることにしました!

ちなみに、昔よく行っていた頃は、M1948ブーツが結構あったので、あてにしていました。

しかし、、、、実際に行ってみると、状態のあまり良くないものが一足あるのみで、あとは全滅でした、、
この一年ほどネット購入を優先し、実際に足で探すことを止めた自分への天罰でしょうか。。。
(オマケに雨でした。。。。)

思えば、昔利用した古着屋さんのうち閉店して別のお店になっているところもありました。
(あぁ、、、不況って嫌ですね。。。)

そんな感じで、雨の中、収穫の予感がなく士気も下がっていましたが、一番お世話になっている
古着屋さんに最後の希望を託し、突撃しました!!

「そして皆さん、いよいよ今日のその時がやってまいります!ww」

店内に入って見たものの、ここでもM1948ブーツは無く、、黒革のベトナム頃?のブーツがあるのみ。。。
「もはやここまでか。。。」と思っていたその時!!
お店の一角に置いてある、輝かしいブーツを発見したのです!!!

一瞬で、それがM1940騎兵ブーツとわかりました。早速手にとってみます。
すると、とても良い状態です!!

しかし、ここで気になるのはサイズと値段。。。
見てみると。。。サイズは9Dで、履けます!!
そして、お値段も。。。海外レプの半額ほど、中田のM42サービスシューズと同じくらいでした!!

もうこうなるとテンションMAXですwww
改めて細部を確認の上、お会計となりました^^
いや、、、M1948ブーツを買うつもりが、とんだ掘り出し物でしたwww

古着屋さん!いつも本当にありがとうございます><!!!!!


え~以上ちょっと(だいぶ)長くなってしまいましたが、入手時の状況です^^
ちょっと前にM1931騎兵ブーツを買うと言っていた自分ですが、まさか実物のM1940騎兵ブーツに
出会えるなんて。。。

それでは、ここからM1940騎兵ブーツ(以下M1940ブーツと省略する場合有り)の
細部を見ていきます!!


これが、そのM1940騎兵ブーツです。
1931年採用のM1931騎兵ブーツの後継で、M1931が上まで編上げだったのに対し、M1940では
上部が3バックルの革製レギンスになっており、着脱が楽です。


基本的に使用するのは騎兵ですので、歩兵科などでは着用が難しい(出来ません)ですが、騎馬憲兵や
野戦砲兵(馬で砲を引く)などでは、着用できます。

しかし、M1940が採用された1940年は、その後すぐに米国が参戦し、多くの部隊が機械化されたこと
から砲兵や騎馬憲兵として騎兵ブーツを使用する設定は、前型のM1931と戦前の組み合わせの方が
良いと思われます。

ただ、騎馬ではなく、バイクに乗ったモーターサークル憲兵?によるM1940ブーツの使用例は
見られます。

その他、騎兵科出身であることを気取る?将校によって使用されたようで、有名な例では、
パットン将軍が同型のブーツを着用しています。
(正確に言うと、こちらはパットン将軍のオーダー品です。)

このような、騎兵ブーツですが、WW2では騎兵の価値が完全に失われたことと、空挺や
機甲科が戦争の花形?になってしまったことから、実戦で大量に使用されることが有りませんでした。

その為、影がうすいのかもしれません。。。w
ですが、自分は騎兵ブーツのデザインやブリーチズと合わせるスタイルが好きなので、
今回ついつい購入してしまいました^^
M1940 1
横から見たところです。

上部の3バックルレギンスがとても目立ちます!
本体の材質は、本革で、革の表側を表にして作られています。

色は、当時の米陸軍の表革ブーツの標準色であるRusset Brown(あずき色)です。

レギンスより下は、M42サービスシューズに似た作りです。
(補強革の形が違います。)

M1940 2
背面です。

スラッと高いですねww
これが、騎兵ブーツの醍醐味ですww

背の部分の補強革も、ジャンプブーツやサービスシューズと違ったデザインです。

また、この部分に小さく白ペンキが付いていますが、これはシンナーで取れるかな??
M1940 3
編上げ部分です。

ホール数は、7です。
付属していたレースをそのままつけていますが、若干細い気が。。。
ですが、色合いや質感的にオリジナルかもしれません。(今後わかりましたら追記します。)

ホールは、塗装されており、裏側も同じようになるダブルホールです。

もちろんトゥキャップも付いています。
M1940 4
トゥキャップのアップです。

ステッチのあいだに小さな穴が並ぶ、サービスシューズやジャンプブーツと同じタイプです。
戦後のM1948ブーツでは、この穴が省略されています。

約70年も前の物ですが、トゥキャップに削れや大きな傷がなく、とても綺麗なコンディションです^^
M1940 8
靴底の写真です。

デッドストック!!とはいきませんでしたが、ソールやつま先の減りも殆どありません。

また、M42サービスシューズ等とは違う革底で、ヒールのみゴムです。
この状態で履くと、草の上ではツルッツル滑りますww

また、つま先に三日月型の金具をつけないと、革が削れてしまいます。
M1940 6
土踏まずのところ?に「9D」のサイズ刻印があります。

自分は、いつも余裕をもって「10」を買っているのですが、野戦等で長時間履かない靴であれば
9Dでも大丈夫なようです^^

と書きましたが、このブーツは、ちょっと家で服と合わせて履くくらいです♪
(一番消耗の激しい靴は、レプリカを使いです><!!)

M1940 7
ヒールです。

ここのみゴム製で、当時の米軍のブーツの基本である13本の釘で固定されています。

メーカーは「LIGHT-TREAD」社で、TRADE MARKがカッコいいですねw
m1940 9
これはレギンス部分です。

WW2後期の米軍のブーツは2バックルの革製レギンスがついた物ですが、こいつは3バックルです。
また、レギンス自体も大きく、ふくらはぎをしっかり保護してくれます。

形状も、ふくらはぎに合わせて曲線になっており、フィットします。

日本軍の革脚絆もこんな感じですよね^^
M1940 5
これは、レギンスのバックルです。

材質は真鍮で、表面を処理してあります。
また、バックルを革のループに固定するステッチはなく、スポスポ動かすことができます。
(ただ、バックルを外すことはできません。)

ベルトも革製で、二枚の革を両側とも表になるように縫い合わせてあります。

時代物の為、バックルに少し緑青が出てしまっています。
ここもきれいにしたいですね!

M1940 10
革の表面です。

クロム鞣し?でしょうか?
購入時も、革は全体的に柔らかく、充分使用可能な状態でした。

しかし、やはり心配?なので、リキッドタイプのミンクオイルを染み込ませて乾かし、
後日、靴墨(色はボルドー)で磨きました!!(実用しませんが。。。)

ピカピカにはなっていますが、ミンクのあと数日でやったので、今後さらに磨けば
もっとピカピカになると思います^^
M1940 11
レギンス内部です。

このように内側は、革の裏側になっており、ドイツの将校用ブーツのような内側の加工はありません。

ただ、ここでいう右端、着用すると前面にくる部分は、内側にも表と同じ鞣し革が張ってあり
内部に形状保持の鉄板?(芯)が入っているようです。

写真左上の黒い部分は、スペック等のスタンプ跡です。
M1940 14
スタンプ跡です。

本来ならここに正式名称などがあるはずですが、残念ながら両方ともこの薄れた状態でした、、、

ちなみに、正式名称は「BOOTS,LEATHER,LACE,LEGGING TOP」です。

M1940 12
これは、靴の内部です。

下の茶色の革シートは、ヒールを固定する折り曲げた釘が足に当たらないようにする物で
この作りの各種ブーツの底にはついています。

また、ここにも、9Dのサイズ刻印があります。
M1940 13
最後に、M1948ブーツとツーショットです!!

やはり、丈が全然違いますね!!
このフォルムが大好きですww

当初は、ここに二足のM1948ブーツが並ぶはずだったんですが、まさかのM1940ブーツ!!
嬉しいです^^

M1940 15
追記です!WW1時の将校用拍車ですが、装着してみました!

ストラップは、WPGで購入したレプリカ品です!
M40 23
横から見るとこんな感じ!
これがつくと、まさしく騎兵!!!って感じですよねww

今後は、ストラップの色を良くしていきたいと思います^^
M40 24
以上が、大戦米軍のM1940騎兵ブーツでした!!

自分にとっては、初めての大戦物の実物ブーツですので、大切にケアしていきます♪
スポンサーサイト
  1. 2013/03/06(水) 23:37:09|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<M1943 エントレンチングツール | ホーム | 帝國陸軍 防弾チョッキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://remagen966.blog137.fc2.com/tb.php/650-9804080a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。