FC2ブログ

K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

M1931 騎兵ブーツ

こんばんは!^^

先日、M1940騎兵ブーツを紹介したばかりですが、今日はその前型のM1931騎兵ブーツを
紹介したいと思います!(※写真&前置き長いです><)

自分は以前より戦前(1920~1930年代)の米兵の軍装を目指しています。
米兵といえば、フィールドジャケットにM1ヘルメットというWW2スタイルをイメージしてしまいます?が
戦前は、制服であるサービスコートにサービスハットやサービスキャップというスタイルです。

WW2の洗練されたスタイルからすると、野暮ったく見えてしまう?戦前の軍装ですが、制服が好きな
自分にとっては、色々な組み合わせで制服を着ることが出来、とても面白い時代でもあります。

しかし、以前も書いたように、戦前の軍装とWW2の軍装では、その装備や被服が1930年代の後半で
殆ど変わっており、共用することはできません。

自分も、制服や乗馬ズボン、制帽や各種装備とできる限り時代に合った物を集めてきたのですが、
どうにもならない物がありました。

それは、サービスシューズです。
現在手に入る表革のレプリカサービスシューズは、靴底がゴムになった1942年採用のタイプで、
革底であったTYPE1として使っても、1930年代前半の軍装を再現しにくいです。

そこで、、、、ひらめいたのがM1931騎兵ブーツです。
M1931は、1931年に採用されたことを意味しており、年代的にはOKです!
また、1939年以前の米陸軍は、制服として、サービスコートにブリーチズを着用する事に
なっていたので、一度騎兵用の丈の長いブーツと組み合わせてみたいと思っていました。

しかし、問題はありました。それは、このブーツの支給対象です。
「騎兵ブーツ」という名称でで分かるとおり、このブーツは基本的に騎兵用のブーツであり、
一般歩兵に支給されることは有りませんでした。

ここでいっそのこと騎兵科に転科しようか考えたのですが、装備の面や資金的な面で直ぐに
再現することが難しかったので断念となりました。。。
(ちなみに、自分は昔から機甲歩兵になることを夢見ていますw)

ですが、その後いろいろ調べてみたところ、M1931騎兵ブーツは、騎兵だけでなく、馬を使う
他兵科にでも支給されていることが分かりました。
例を挙げると、騎馬憲兵や砲兵隊(砲を馬で引く)、モーターサイクル部隊(伝令や憲兵も含む)
などです。

この中で、自分は憲兵(MP)に注目しました。
自分は、以前よりチョコチョコですが、MP装備も集めており、これなら出来そうだったからです。
(楽観的ですよねwまあ、ブーツが履きたくて仕方ないんですよw 騎兵か砲兵も目指すかな~w)

こうなれば善は急げですww早速購入!!!!しようと思ったのですが、、、ここでまたしても
問題が。。。

それは、このブーツを売っているお店です。お店はWPGという名前で、アメリカにあります。
、、、、そう、海外なのです。今年に入り世界から撤退した自分には金があっても買うことが
できません。。。。

散々色んな手を考えたのですが、やはり厳しく、最後に望みの薄い「母上殿説得ルート」を
選択。ウィッテもビックリ!?な巧みな外交交渉で、見事母上殿とM1931ブーツ購入条約を
締結するに至ったのですw
(すごく厳しく、なが~い時間をかけた交渉でしたがw)

さて、そんなこんなで、なんとか購入できたM1931ブーツが到着しました!
これが、その箱です。


アメリカのお店ですが、発送先はUAEでした!なのでEMSで届いています。

しかし、、、革のブーツとなると、心配なのが「関税」です。。。
安くても5000円はかかってしまうので、補給銭へのダメージはです。。。

しかも、自分が今までに利用したEMSは全部開封検査されているので、課税は避けられないでしょう。。

M31 21
しかし、ドキドキしながら郵便局に取りに行くと、、、、まさかの非課税キターーーーー!!!!!!!
呆然としながら受取書にサインをして、帰宅。

開封しようと箱を見てみると、、、税関で開封検査されてました!!!
これは、、、、どゆこと・・・!?
M31 22
そんでもってババーン!!これが、届いたM1931ブーツです!!^^

おぉ!!背が高~いww

しかし、、、、喜んでいたのはつかの間。実際に履いてみると、、、履き口から、ふくらはぎにかけての
サイズが大きすぎる。。。。

これは、お店のHPにもさり気なく書いてあったのですが、現代の欧米人の逞しいふくらはぎに合わせて
作っているため、履き口がすごく大きいです。。。。

靴底は、自分のサイズでもちょうどいいのですが、ふくらはぎが。。。。
仕方がないので、靴の修理屋さんに持っていくことに。。。。><
M31 19
ブーツは、このようにしっかりした?本革で作られてます。

でも、コバにスレがあったりと、海外物なので、すこし痛みがあります。
M31 20
靴底です。
製造国はインドみたいですww

ここにハッキリ「オールレザー」って書いてあるのですが、なんで非課税なんだろう。。。
こんなブーツは、実用履きしないからかな??
とにかく超ありがたかったです><!!
M31 19
付属品は、予備?の紐と、カギホックです。

一応リペアキットがあるのは嬉しいですね!
でも、カギホックは、下側の金具がないよ???
M31 23
さて、そんあこんなで、履き口がブカブカで履くに履けないブーツでしたが、修理屋さんに
泣きついたところ、サイズを詰めることは出来るそうです。

しかし、、、、、、修理費が8000円、、、、チーン、、、、、
でも、直さないと履けないし、、、ということで、8000円が飛んで行きました!!^^

非課税で喜んでいましたが、修理費で持っていかれるとは。。。
でも、これで関税もあったら正直修理に出すのが遅れていたかも、、、
う~ん履く前から手間のかかるやつめ。。。><



ということで、購入から一ヶ月ほどかかりましたが修理も完了し、ようやく紹介できます!
途中、まさかの実物M1940ブーツの発見&購入で、インパクトに欠けてしまった?
このブーツですが、戦前軍装の再現や実用できる点を重視して行こうと思いますw

それでは、大変長くなりましたが、M1931騎兵ブーツ(以下M1931ブーツと略)の紹介です。

これが、そのM1931ブーツです。
後継のM1940ブーツと違い、下から上まで全て紐による編上げで、とても手間のかかるデザインですw
ハトメの数は20で、サービスシューズやジャンプブーツの比ではないですw

素材は本革、色はラセットブラウンです。(実物のM1940ブーツと殆ど変わらない色です。)

正式名称は「BOOTS,LEATHER,LACED,EM」です。

サイズを詰める修理の結果、到着時の写真と比べて、履き口のたるみがなく、スラットしています。
いつも難しいお願いをしている靴屋さんには、本当に頭が下がります><!

ちなみに、このブーツはサイズ9を購入したのですが、靴底はサイズ通りの約27~27.5センチの足に
適合します。
しかし、履き口は元の状態で端から端で45センチ、上から5目のフックの部分が端から端で38センチ
と超ビッグ仕様となっています。

自分は、修理によって、履き口35センチ、5つ目が29センチになりました。
購入をご検討の方は、ご注意ください><!
M31 1
側面です。

M1940と違い、上部側面にバックルやベルトがないので、フラットです。

また、編上げなので、筒状のブーツと違い、足にしっかり固定することができます。
M31 2
背面です。

スラット背が高いです。
高さはヒールを含めて45センチです。

かかとの補強革のデザインもサービスシューズと違います。
M31 3
正面です。

この用にハトメによる編上げで、サービスシューズなどと似ています。

シューレース(靴紐)は、カーキの平紐で、記録写真を見ると、これと同じ物の他に
茶色?のもの有るようです。

M31 4
トゥキャップです。

M1940ブーツと同じで、このM1931ブーツにもあります。
中央に小さな穴がある50年代とは違ったタイプです。

トゥキャップに傷は無いので、靴墨を使ってピカピカにしたいですねw
M31 5
靴底です。

ソールは、革張りで、実用するならつま先に金具を付けなければなりません。
靴屋さんで三日月金具のお値段を聞いたら3000円ほどだそうな。。。
さすがにそこまで予算降りない。。。><
M31 6
これは土踏まずの部分です。

サイズ9の刻印があります。
上でも書いたインド製のシールは剥がしておきますねw
m31 7
ヒールです。

ここはゴム製です。
ですが、13本の釘を使った米軍タイプでは無く、フラットな民生品?が使われいます。

どうせなら拘って欲しかったw
M31 8
これは、上部です。

M1940ブーツで言う革製レギンスの部分になります。

M1931では、履いた後に、紐で編み上げていくので、時間はかかりますが、固定できます。
編上げも、上部はカギホックになっており、着脱を楽にしています。
M31 9
カギホックのアップです。

米軍のサービスシューズは基本ハトメですが、M1931ブーツでは流石にホックを導入しないと
辛いですよねw
このほかに、戦後のUSMCのブーツにもホックがあった気がします。
M31 10
(同じ足の)反対側です。

向こう側がホックだったのに対し、こちら側は全てハトメになっています。
実物は、上部が両方とも全てホックの物や、このブーツのようにホックとハトメの物など
バリエーションが有るようです。

しかし、両方ともホックの方が着脱が早いでしょうねw

ちなみに、ネットでこのカギホックと打ち具のセットが6~7千円であるので、リッチな方は
ハトメを外して両側をホックに交換してもいいかもしれませんねww
M31 11
革です。

クロム鞣し?なのかな??

本革ですが、実物の革と比べると品質が劣っているのがすぐわかります。
でも、だからといって質が悪いのではなく、中田さんのブーツなどと同程度か上くらいの質です。

昔の革は、仕上げも厚みもしっかりしていますよね~~><
M31 12
内部です。

このように、内側は革の裏側がむき出しです。
これは、M1940や各種ブーツと同じ仕上げです。

内側にも皮が張ってあるのは将校用くらいでしょうねw

ちなみに、奥にあるにあるのは形状保持用の新聞紙です。
M31 13
靴底です。

実物とは違って、刻印やかかとの革シートも有りません。
革シートについては、中敷がついてきたので、省かれたようです。
M31 18
中敷きです。

先端に9のサイズ表記があります。

しかし、片方の中敷きに折れによるシワがあるなど、くォリティは低いです。
市販の物と交換したほうがいいですね!
M31 17
M1940ブーツとのツーショットです!!

まさか両方とも手に入るとは思ってもいなかったぜww
高さは両者変わらずです。

バックルレギンスと編上げでは印象が全く違いますねw
M31 14
未紹介ですが、以前にWW1時の米軍将校用拍車を入手していましたので、今回WPGで拍車ストラップの
レプリカを購入し装着してみましました!!

乗馬ブーツといえば拍車ですねww
m31 15
横から見るとこんな感じ!!

日本軍みたいに拍車留めはありませんが、ずり落ちることはありません!
今後ストラップにもっとオイルを塗って良い色に仕上げたいですw

拍車はまた今度紹介します^^
M31 16
最後に、せっかく大枚叩いたブーツが来たので、着装してみました!!

制帽に、M1926サービスコート、M1926ブリーチズ、M1931ブーツ、革当て付きのギャリソンベルトです。
※拍車は未装備です><!

クレストや襟章は付いていますが、まだMPや騎兵のクレスト等が用意できていないので
歩兵科のセットが付いています。あくまでイメージということでw

これぞ、自分が目指していた究極のEM制服組み合わせですかね?ww
ギャリソンキャップとアイクジャケットには負けねぇ!!ww(そっちも好きですがww)

騎兵化は費用高そうですが、肩に1st Cavの部隊章を付けれたらカッコいいですねww
戦前
上着を脱いでみました!

シャツは、M1934、ネクタイは黒で、ウエストベルトはWW1以前から1937年まで使われていた
旧型です。

ちなみに、ブーツの編上げのフィット具合?ですが、記録写真をみると、この写真の自分のように
正面が開いているものと、正面がピッタリくっついている物があります。

これは、支給されたサイズがふくらはぎに合っていないからかもしれませんが、兵士によって
履き方が違うようです。
戦前3
以上、とても長くなりましたが、ようやくM1931ブーツを紹介できました!!^^

今後も、戦前の軍装に生かしていこうと思います♪
スポンサーサイト
  1. 2013/03/13(水) 22:36:08|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<M1926 ブリーチズ(その4) | ホーム | M1943 エントレンチングツール>>

コメント

す、すごいですv-364

軍服が、体にぴったり合っていて、うらやましいですww
これは、WW1の陸軍軍装なのですかv-362
これで、乗馬体験行ったら、めちゃくちゃかっこいいでしょうねv-218

ち、ちなみに・・・自分も、軍装写真撮りたいと思っているんですが、縦写真を縦に掲載するには、どうしたらいいんでしょうか?どうしても、横になってしまいます。(Yahoo!とFC2は、違いますかね?)
  1. 2013/03/14(木) 20:51:07 |
  2. URL |
  3. 佐藤海軍少佐 #-
  4. [ 編集 ]

佐藤海軍少佐殿
こんばんは!

ありがとうございます!!^^
上の写真は、だいたい1934年~1937年の間をイメージしています!
WW1や1920年代もやりたいのですが、難易度がメチャ高いです。。。
自分は1930年代前半でもアップアップですww

そうですね~将来的に乗馬もたしなみたいな~と思っておりますww

自分は、デジカメで撮影後、PCのマイピクチャ内で画像を90°回転させて保存し、FC2の
画像縮小で縮小してアップしています!

といっても自分は機械音痴な為、専門的なことはわからないのでお力になれないかも。。。

すいません。。。><!
  1. 2013/03/14(木) 20:59:50 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

WW2の少し前なのですね。

私は、日本軍は海軍が好きですが、米軍は、陸軍・海兵隊が好きです!(WW2に限りますw)

ウールって、ホントいいですよね~ヽ(^o^)丿



Friedrich様の教えていただいた通り、やってみたところ、みごと縦になりました!!
ありがとうございます!
近々、アップしようと考えています~。
  1. 2013/03/14(木) 22:40:50 |
  2. URL |
  3. 佐藤海軍少佐 #-
  4. [ 編集 ]

佐藤海軍少佐殿
こんばんは!^^

海軍さんは、スマートでカッコイイですよね!!
もちろん、帝國陸軍も好きですがww

自分は米軍ですと陸軍が一番好きなので、今後もこの路線で
行こうと思います!!
ウールには暖かさと高級感?がありますよね!
でも、管理は要注意ですよww

おぉ!うまくいったようで安心しました!!
アップ頑張ってください♪
  1. 2013/03/14(木) 22:44:40 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

ほぅ・・・関税で靴とバレなければ課税対象にはならないのですか・・・
将来、乗馬をする気でしたらズボンの股の辺りに革を張るのですか?

対抗して戦前日本兵を再現する時、騎兵科でやるのも良いかもなぁ・・・
  1. 2013/03/14(木) 23:49:39 |
  2. URL |
  3. ロリスキー #-
  4. [ 編集 ]

ロリスキー様

こんばんは!

いえ、、、靴ということはバレていると思います。
ただ、普段遣い出来るアンクルブーツと違い、特殊?なブーツなので
見逃してもらえたのかもしれませんね!

いえ、米軍のEM用乗馬ズボンは布製補強のみですので、このままやりますよww

日本軍の騎兵科は特に大変そうでうね!軍刀やブーツと、、、
頑張ってください!
  1. 2013/03/15(金) 00:09:22 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

佐藤海軍少佐殿

すいません。。。時代設定の件ですが、陸軍善行章の略綬をつけていたので、早くても1941年に
なっていました、、、、
いや、胸が寂しかったので付けたのですが、かえってダメでしたね。。。

以上、追記でした!返信下さらなくて大丈夫です^^
  1. 2013/03/15(金) 00:29:01 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

バレても普段履かないような靴ならば非課税なのでしょうかねぇ・・・?
こんなに履くのがめんどくさそうで届いた段階では大き過ぎる靴だと課税されないんでしょうか・・・
アンクルブーツだけでなく乗馬ブーツやジャックブーツでも課税されそうですね。
将来、税関職員に知り合いを持って基準を聞いてみたいものです。

あ、見直してみると地味に同生地で補強されていますね。何だか弱そうですが・・・


日本軍物のレプリカが増えてきているとはいえ、騎兵の装備は中々少ないでしょうね。
着手する前にまず何を揃える必要が有るのかをしっかり調べておきたいですね。
  1. 2013/03/16(土) 20:16:44 |
  2. URL |
  3. ロリスキー #-
  4. [ 編集 ]

ロリスキー様
こんばんは!

う~ん税関の判断はよくわかりません。。。
でも、普段履かない乗馬ブーツ(長靴スタイルの)はしっかり課税されるようなので
ただ単に運が良かったのかもしれません。

また、税関は大まかな課税対象や質問には答えてくれますが、基本仕事内容や
判断基準等は教えられないとおもいますよ♪

補強という点では充分だと思いますよ?
日本陸軍の下士官/兵用の短袴は補強革も米軍のような補強布もなかったと思いますし。。。

官給タイプの茶長靴、三十二年式軍刀(甲)は必須でしょうね!^^
  1. 2013/03/16(土) 20:47:08 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

年間 2足の靴に関しては非課税です。1年間に2足までです。 2足以上は課税対象です。日本人の足は特殊すぎるので 一サイズ上を買うのが基本です。ふくらはぎ ならびに (幅)EEという幅が広いのでその点を注意しての購入です。
  1. 2013/03/20(水) 00:51:06 |
  2. URL |
  3. 素通り人 #-
  4. [ 編集 ]

素通り人様

初めまして!こんばんは!^^
関税に関する情報をありがとうございます!!

二足までは非課税だったのですね!全く知りませんでした。。。
2013年は、このブーツが一足目なので、まだもう一足は買えますね(笑)


サイズに関しても、素通り人様のおっしゃる通りだとおもいます。

ですが、自分達の使用する軍装の靴は、あくまでコスプレ用の靴であります。
(激しい使用に耐えられるように出来ているものもありますが。)
また、元のブーツが80年ほど前のものであり、現代人では、欧米人でも履ける人が
限られてきます。

なので、複製が出る場合、現代の欧米人に合わせてサイズを大きくして販売するので
、今回のブーツのようにふくらはぎのサイズなどが、極端に大きくなってしまっています。

自分の足(靴)のサイズは27~27.5なので、米サイズですと9あたりです。
しかし、このブーツで1サイズ上の10を買うと、靴底をを含め全てがブカブカになってしまうと思います。

う~ん。。。自分で書いていて悲しくなるくらい難しいですね。。。
もっとも、靴をネットで買うこと自体、おかしいのかもしれませんが・・・
(靴は、やはりお店で履いて買うのが一番ですよねw)

以上、長々と書いてしまいましたが、靴の関税について、そしてサイズについて
貴重な情報を教えていただき、本当にありがとうございます!!感謝しております!^^

また、よろしければ立ち寄って見てください♪
  
                                 店主
  1. 2013/03/20(水) 01:11:15 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

これナチス突撃隊の変態編上長靴の代用に購入しようと思っていたのですがやはり脹ら脛が大きすぎるのですね、本当に参考になりました!これなら135ドル余計に出してcivilwarbootsでカスタムに作ってもらった方がいいのかも。

日本陸軍の将校とかスペイン内戦時の将校も履いてたりするので案外汎用性高い一品だったりして。
http://imgur.com/OvlQjAR
軍刀からして大正か昭和初期の将校さんでしょうか?
  1. 2013/04/07(日) 05:46:19 |
  2. URL |
  3. Fritz #tYRJlIFw
  4. [ 編集 ]

Fritz様
こんばんは!コメントをありがとうございます!^^

欧米人でも特に足の太い人を対象にしたためか、届いた当初は
ブッカブカでしたw
HPにそれとなくサイズについて書いてあったのですが、日本人で
合わせるのは厳しいですね・・・

カスタムでブーツを作ってくれるお店もあるのですか!!いや~自分もまだまだ
欲しいブーツがあるので、いずれは利用してみたいです!
(今は、ブーツではありませんが、ロウカットのサービスシューズが欲しいですねw)

日本軍将校もこれに似た形式のブーツを履いていたんですね!日本やドイツは筒型のブーツの
イメージがあったので新鮮?でした!^^

この度はお役に立てたようで嬉しいです!
また遊びに来てください♪^^
  1. 2013/04/09(火) 01:20:53 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://remagen966.blog137.fc2.com/tb.php/652-dd8b96df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。