FC2ブログ

K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

機甲科 襟章

こんばんは!

最近はちょっと忙しくて、なかなかブログを更新できません。。。

ということで、忙しい時恒例?の襟章紹介ですw
今回紹介するのは、米軍の機甲科の襟章です。

これが、WW2米軍の襟章で、左が米国軍を表す「U.S.章」右が着用者の兵科を表す兵科章です。

材質は、共に真鍮で、金色に光っています。
形式は、1937年に採用されたタイプで、ここでは1937年型襟章とします。
機甲
フラッシュありだとこんな感じ!

時代物の為、多少鈍くなっていますが、今だに光っていますw

そういえば、自分はブログ開設当初からフラッシュ有りで撮影し続けていたんですが
フラッシュ無しの方がいいんですかね。。。?

最近はフラッシュ無しに移行しています。
機甲2
裏面です。

1937年型ですので、前型の1926年型と同じくスクリューバックです。
この後プレス&クラッチバックの1943年型などが採用されていきます。
機甲3
スクリューバック型は、このように4つのパーツから構成されています。

ちなみに、プレス型では分解できません。

また、米軍の機甲科襟章は、WW2まではこのようなWW1の英軍戦車を横から見た図となっていましたが
戦後は米軍戦車を正面から見た図に変更されました。

なので、現用の機甲科兵科章をそのままWW2の代用にする事はできません。
機甲4
こちらはU.S.章です。
分解できる関係で、UとSが間が繋がっています。

機甲6
こちらももちろんスクリューバックです。

ですが、ちょっと固くて分解できませんでした。。。
分解すると、上の兵科章のように4つに分かれます。

その他、U.S.章の分解写真は、他の襟章紹介に載っていますので
そちらをご覧ください^^
機甲5
以上が、機甲科の襟章紹介でした!!

次回も襟章紹介になるかも。。。。
ではでは~!^^
スポンサーサイト
  1. 2013/03/24(日) 22:38:59|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<オーバーコート修理レポ | ホーム | またやっちまったぜ。。。。>>

コメント

光モノね〜

こういう光るモノは撮影難しいんだよね。曇った日に屋外で「ストロボなし」で撮るのが無難かな〜白い紙なんかを写り込ませて撮ると綺麗に撮れるよ。三脚有ればなお善しですな。
  1. 2013/03/27(水) 09:00:53 |
  2. URL |
  3. グライフ #8ygkoUK6
  4. [ 編集 ]

グライフ様
こんばんは!!^^

写真撮影。。。やはり難しいです。。。ブログを初めて二年経ちますが、未だに上手になりません。。。><
屋外で撮影ですか!!なるほどなるほど!!

今後は、トルソーの導入や、背景を毛布以外に変えて、より綺麗に撮影したいです!^^
(予算と場所がもつかわかりませんが・・・><)

この度もアドバイスをありがとうございました!!
  1. 2013/03/27(水) 23:51:30 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://remagen966.blog137.fc2.com/tb.php/655-94dd5fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。