FC2ブログ

K.K.MFG.CO.

大戦米軍を中心に、東独、旧海軍等の軍装品を集めるためにひび奔走していたら大学生になっちゃった人のブログですw 時間も金も無い。あるのは、やる気とアイデアだけです(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ZIPPO 1941 ブラッククラッケル

こんばんは!
最近徐々に更新頻度が上がってきている当ブログですw
やはり夏休みに入ると記事を書きやすいですね!

本日は、兵士の再現では欠かせない?あるアイテムの紹介です^^

戦場で兵士が戦う為には、銃や弾薬、食料、士気など様々な物資が必要であり
近代の軍隊では戦車や戦闘機、軍艦を動かすための石油もまた必需品です。
しかし、それらの物資の中でも、特に兵士たちに人気があるのが、やはりタバコです!

米軍で言うと、オールドゴールドやラッキーストライクなんかでしょうか。
いつ死ぬか分からない極度の緊張の中でタバコが与えてくれるリラックス効果?は格別のようです。

しかし、タバコがあっても、それに火を付けられなければ意味がありません。。。
また、火をつけるのはタバコだけではありません。
食事やコーヒーも自分で作らなければいけないし、火炎放射器への着火や
破壊工作!?など、けっこう火が要ることは多いです。

でも、着火にマッチを使用すると、すぐ消えてしまったり、湿気っていたりと不便なことが多いです。
そこで登場するのが!!今回紹介する便利なアイテムです!^^

これは、届いた際の包みです。
一体何が入っているのか!?(笑)
zi.jpg
箱をあけてみると!

そう!!ZIPPOです!あの有名なジッポライターですよ!!^^
あまりにも有名すぎて特に説明の必要は無いですよね(笑)


ということで、今回はWW2米軍タイプのZIPPOである、1941ブラッククラッケルを
購入してみました!

この化粧箱に収まっている姿もいいですねww
zi3.jpg
これは、箱から出したところです。

米国が第二次大戦に参戦すると、ZIPPOの原材料だった真鍮が供給制限されることになり、
鉄を使用したZIPPOが作られるようになりました。
そして、その鉄の表面を黒の塗料で処理したのが、このブラッククラッケルです。

表面は、ザラザラデコボコしており、滑りにくいです。

ZIPPO自体は、米軍制式になったことは無いようですが、戦時中はPX等で販売されており、
多くのGI達に愛用されたようです。

もっとも、このブラッククラッケルが作られたのは戦争中ですので、戦前から軍に入っていた
兵士や、家からZIPPOを持ってきた兵士は、戦前の1935や1937タイプのZIPPOを
持っていたほうが自然かもしれませんね!

zi4.jpg
インサイドユニットを取り出してみました!
この内部に、コットンが詰まっており、そこにオイルをしみこませて、上に上がってきた所に
着火する仕組みです。
zi6.jpg
このブラッククラッケルは、復刻版のレプリカですので、オリジナルと違い底はザラザラの処理が
されておらず、製造日などの刻印があります。

この刻印からすると、どうやら2014年の1月に製造されたみたいです。
今年なので、まだまだ新しいですね^^

そして、もちろんのことですが、メイド・イン・USAです!!!
zi10.jpg
インサイドユニットの底はこのようになっています。

赤い英語の刻印が書かれている部分は、固めのフェルトで、こいつを持ち上げて内側の
コットンにオイルをさします。

また、左側のネジは、着火用のフリント(火打石?)を交換するためのものです。

zi7.jpg
そして、これは、ZIPPO純正のオイルとフリントです。

新品のZIPPOは、フリントは一個装着されていますが、オイルは入っていません。
この二つで700円ちょいでしょうか。
ちなみに、オイル缶はこれより大きいサイズもあります。

コンビにでも売っているほどメジャーなアイテム?です。

フリントは、予備をに2~3個ほど、インサイドユニットのフェルトとコットンの間に
はさんで置くと、すぐに交換できて良いようです。
zi5.jpg
これは、箱です。

今回購入したZIPPOは、1941年に生産が開始されたタイプの復刻版ですが、これ以外にも
様々な形のZIPPOが売られています。

ブラッククラッケルという商品名でも、1941年版じゃない現行?のタイプもありますので、
その点は注意が必要です。

個人的には、1935年版もほしいですねw
zi8.jpg
これは、上側の箱に入っている取り扱い説明書です。

ZIPPOは、電化製品屋さんもビックリの永久保障なので、故障した際は、郵送料のみ負担すれば
ちゃんと直してくれます。

また、どうしても直らない場合は、新品に交換してくれるそうです。

これの永久保障は、創業以来実施しているそうですが、凄いですよね!
ちなみに、日本の修理センターは名古屋の一宮にあるようです。

zi9.jpg
最後にオイルを充填して着火してみました~!!^^

おぉ~!ちゃんと着いた着いた!
ってあたりまえかww

やっぱりマッチとは違いますね~~ww
zi11.jpg
ということで、今回ようやく念願?のWW2タイプのZIPPOを買うことができました!

これで、イベントにいっても、上官や戦友に火を貸せますねw


あっでも、自分は永久非喫煙者なので、自宅での使用目的は、蚊取り線香への
着火になりそうですwww

よ~しバンバン蚊取り線香焚くぞ~~~~~!!wwwwwww
スポンサーサイト
  1. 2014/08/12(火) 19:34:17|
  2. 大戦米軍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大切なお知らせ>< | ホーム | 届いた!!^^>>

コメント

ライナーボディのフェルト。  穴に予備のフリント入れてる?w。
  1. 2014/08/20(水) 19:21:31 |
  2. URL |
  3. apuro #-
  4. [ 編集 ]

apuro様
こんばんは!PC撃沈の為、お返事が遅れてしまい
申し訳ありません><

このフェルトの穴にフリントを入れるのですか?
確かに入れようと思えば入りそうですが、一応フェルトと
中のレーヨンの間の隙間に挟んでいます!^^

まあでも、非喫煙者なので、フリントを変えることも
あまりないと思いますが(笑)
  1. 2014/09/17(水) 00:55:43 |
  2. URL |
  3. Friedrich #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://remagen966.blog137.fc2.com/tb.php/703-61c85c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。